儲かる仕組み

  • access_time2016年12月22日
  • folder_open経営
thumbnail

こんにちは!

トーセキの柳です。

 

先日キッザニアに家族で行ってきました。
日頃から「無駄をなくし仕事のスピードを磨き上げる」を信条としている私としては、このように入場するだけで並んだり、小便するのにも並んだりするところは苦手です。最初はあまり乗り気ではなかったのですが、行ってみると、これは大変楽しかったです!!
経営のヒントがいっぱい見つかりました。

 

キッザニアは一言でいうと、「子供が色々な職業を体験できる施設」です。中に入ると、警察官、歯医者さん、添乗員さん、お笑い芸人、漫画家、ラジオDJなど本当にたくさんの仕事があることに驚きました。しかもどれもかなり本格的なので子供の目がキラキラします。

 

うちの子供たちもテンションマックスで、まず最初にピザーラのお店にダッシュです。ちなみにキッザニア内もディズニーと同じようなファストパス的な制度があるので、待ち時間はそこまでなくストレスは意外と少なかったですよ(プチ情報です)。

 

まずは本物と同じピザーラのユニフォームを着せてもらえます。これで子供たちの心のスイッチオンです。顔は緊張しつつも真剣そのものです。そしてこのコスプレが何ともいえず、本当にカワイイ!!プロらしきカメラマンが写真もパシパシ取ってくれます。
<儲ける仕組み①>
この写真が後に入場よりも高額な買い物につながります。
プラスアルファーの商品の提案、販売により、粗利益額は全く異なってきます。

 


手をきちんと洗い、生地を作り、具材をトッピングして、窯で焼く、
そしてなんといっても自分で作ったあつあつのピザをその場で
すぐに食べれるので、ピザーラが子供に人気なのも納得でした。
子供がコスプレをしてピザ作ってくれてそれをみんなで食べれれば
親も大満足です。また連れてこようと思います。
<儲ける仕組み②>
お金を出す人が満足するように商品設計をする。

 


そして仕事をすると、ちゃんとキッザニア内で使えるお金がもらえます。そしてそれを預金する銀行口座まで銀行で作れるんです!!
<儲ける仕組み③>
リピートするような仕掛けをする。

 


このように人気のあるレジャー施設などに行くと、経営にいかせるヒントがいっぱいありますね!!
大変勉強になりました。

 

柳 慎太郎 足立区で創業50年をこえる老舗企業
ヤナギグループの代表取締役(3代目)
趣味はテニスとゴルフ