終わりの時間を決める

thumbnail

最近我が社で始めた会議での新ルールです。

 

「発表は5分以内にする。発表時間は長すぎても短すぎてもダメ。
事前にしっかりと準備をしておくこと。」
です。5分間はタイマーを使ってきっちり測ります。

 

これは創業以来、18期連続で増収増益という怪物のような
業績をあげている会社の社長から教えてもらったことです。
真似するなら成果を上げている社長の取り組みに限る、
ということで速攻で社内で導入しました。

 

やってみた感想は、(これはめちゃくちゃいいな!!)です。
まずダラダラと喋る社員が減りました。
言葉が研ぎ澄まされるので、内容も濃くなりました。
5分間って実は結構長いです。
しっかりと中身を整理して、テンポよく話せば
相当な量の報告が出来ます。

 

そして聞く側も5分とわかっているので、集中して報告を聞きます。
副次的な効果とすると、途中で口をはさむこともなくなり、
会議の生産性がアップしていいこと尽くしです。

 

会議の運営って本当に難しいですよね。
僕も色々と工夫してだいぶ改善したと思っていましたが、
この報告時間を5分に決めたのは非常に良かったです。
是非皆さんも試してみてください。
最初は少しギクシャクしても、慣れてくれば
会議の質は確実に上がると思いますよ。

 

始まる時間は決まっていても、終わりの時間が決まっていないことって
結構多いです。
何事も時間を制限することによって、その時間内で最大限のパフォーマンスを発揮するようになります。
残業問題などはその典型ですね。


そう考えると人生も必ず終わりがあります。
いつ終わるかがわからないので、永遠に続くような気がしていますが、
必ず終わりは訪れます。


いつ自分の人生が終わるのかはわかりませんが、
終わりを意識することによって、今、ここの時間に、
もっと集中して時間を使えるようになるんだと思います。

柳 慎太郎 足立区で創業50年をこえる老舗企業
ヤナギグループの代表取締役(3代目)
趣味はテニスとゴルフ