想定外の2021年スタート

  • access_time2021年01月30日
  • folder_open経営

2021年がスタートしました。今年はYGの新年会は中止にしましたし、
他の会社の新年会も軒並み中止でしたので、新年を迎えた、
という感覚が起きづらいまま仕事がスタートしました。

 


そして新年早々に1都3県に再び緊急事態宣言。昨年ほどのインパクトはありませんが、
やはり色々なところに影響が出ています。人の流れが止まるので、タクシー会社が休車に。
人が動かないので、事故も減って板金の問い合わせは減少傾向。
コーティングも「不要不急の外出は控えて」とあれだけ言われると
優先順位が下がる心理にもなると思います。
業務用のガスの使用量も当然下がります。

 

 


新年早々にまた負のダメージを背負うことになったところに、
電力仕入価格が前代未聞の急騰。コロナ・厳冬・大雪・原発停止、
いろいろな要因が重なってしまったようです。
これは全く予想できませんでした。
こんなことになると予想できた人は誰もいないと思いますが、、、

 

 


泣き言を言っても仕方がありません。
信じがたいようなことが現実に起きて我々も巻き込まれることになったので、
変化対応していかなくては生き残れません。
私も社長として通常では考えられないようなスピードで意思決定し、
あり得ないスピードで現在交渉しています。
まだ交渉途中なので最終解決には至っていませんが、
うまくまとまれば日本記録並みのスピード対応だと思います。

 

 


長く経営をしていると「まさかこんなことが、、、、」ということが本当にある、
というのを身を持って今経験しています。
昨年のコロナを乗り越えたので少しホッとしていましたが、
新年早々それを上回るような想定外のことが降りかかってきました。                               

 

 


いかに普段から想定外のことが起きることを想定した上で、
何がどうなっても大丈夫な環境を作っておくか、これは本当に大切なことですね。          

 

                                       
      
幸いなことに私の周りの仲間の経営者からどんどん最新の情報が入ってきて意見交換が出来たので、
その情報をもとにすぐに意思決定ができました。
そして多くの金融機関さんが
「それは大変ですね。協力します」ということですぐに融資を出してくれました。
良いときも悪いときも欠かさずに毎月銀行訪問を繰り返し情報を開示しているので、
信頼していただけているのでだと思います。

 

                                            


人生は良いときもあれば悪いときもある。良いことも悪いことも長くは続かない。
世の中は諸行無常。良いときは奢らず謙虚に、悪いときは人の優しさが身にしみます。
人の真価が問われるのは良いときではなく悪いことが起きたときではないでしょうか。

 

 

 


これをきっかけにYGは更に強くなると思います。いや、更に強くします!!
2021年、想定外続きの大変なスタートになりましたが、今年はまだ始まったばかりです。
今期も過去最高利益を絶対に更新しようと思ってます!!

柳 慎太郎 足立区で創業50年をこえる老舗企業
ヤナギグループの代表取締役(3代目)
趣味はテニスとゴルフ